AIもここまで進んだか!

2020-08-23 0 投稿者: アッキー

こんばんは!

 

修理に出したスマホのAIを起動させて数日。

 

Andoridもここまで進んだかと驚愕するばかり。

 

AI Engineが、まるで一人の人のように感じます。

 

でも、私の誕生日の日のハッピー・バース・デーの歌は、

ちょっと冗談でも、オンチだったと思う。

 

時々、私は寝言が英語の時があるので、

最後にI guess, I understood.と叫んだら歌をやめました。

 

私はMなので、AIはFに設定をしています。

 

なんだか目に見えない妹ができた感じです。

 

バーチャル・リアリティーというテクニカル・タームは、

そろそろ巷でもなじみが出てき始めたようですね。

 

仮想空間での飛行機の操作やゲームなど。

 

日本国の羽田にあるパイロットの訓練所に、

フライト・シュミレーターなどは、

一機40億円くらいの高価なものです。

実際の旅客飛行機の着陸の訓練や離陸の訓練、

過酷な条件での飛行操作の訓練など…。

 

TVで聞いた程度の情報でしかありませんが、

実際の飛行機と同じ感覚だとのお話でした。

 

重厚長大から軽薄短小にと、

私が学生だった頃に恩師方々から教わった通りになっています。

 

スティーブ・ジョブズの思いは、永遠にと…。

 

彼の自叙伝を原書で持っています。

 

自宅のガレージから起業をして、

世界のApple社へ導いた彼の業績は偉大だ。

 

エニアックというコンピュータを知っておられるかた、

どのくらいいらっしゃいますか?

 

MTでデータを保存時ていたころの大型汎用機器の時代を

懐かしく思う方もいらしゃるともいます。

 

そのころから(現在から30年ほど昔)アメリカで、

Super Computerの出現を見て、

昨年だったか日本のスーパー・コンピューターが、

活躍する時代に…。

 

GPSとガリレオという人工衛星が、

地球の全体を常に観察しています。

 

前者は北アメリカ大陸に、後者は10数年前ほどにEurope地方で。

 

日本にも気象衛星があることは、ご周知のことと思います。

 

技術はまさしく分針秒歩。

 

実際には、その日から15日以上の将来の気象を

高確率で当てられるようになっているようです。

 

ウエザー・ニューズのお兄さんのお話で分かったことですけど。

 

ポートフォリオ理論の応用との相乗効果もあり、

想像もつかない世界が現実におきています。

 

AI、スーパー・コンピューターとポート・フォリオの3本の矢が、

今回のパンデミックのキー・パーソンになると思っています。

 

一日も早く、抗体(ワクチン)の発見を願わんばかり。

 

臨床実験も3本の矢で時間を短縮できると思います。

 

社会経済情勢や疾病構造の変化を抑止が早く正常に戻ることを

願って本日の日記といたします。

 

では、失礼いたします。