不労所得のサイトにいいところめどがつきました。

不労所得のサイトにいいところめどがつきました。

2021-09-04 0 投稿者: アッキー
Related eBooks

 

こんにちは!

 

先回のPOSTより不労所得サイトを探求して、

その結果です。

 

パターン

 

1.まず、モニターとして参加させ、数字をみせる。

2.一定額になると、例として100万円以上のケースが多かった。

3.その価額を指定の口座へ、送金するために費用が掛かると云ってくる。

4.いわゆる、会員募集のサイトでしかない。

 

最悪場合は、結局「振り込め詐欺」に通じるサイトも中にある模様です。

 

世の中のいたちごっこのようなもので、

その価額の金銭を換金したいのであれば、

入会してください。と、逆に勧誘される。

 

評価として、

人の弱みや善意に基づくビジネスモデルを濫用した悪質なもの、

私は感じました。

 

ただ、裏付けはしっかりとしている模様ですね!

暗号通貨や外為等の商品に人工知能を組み込んだ、

功名巧みなあまり好ましくないものです。

 

要注意のこと。

 

あまり深くは掘り下げて解説は、

できないので注意の喚起とまでにしておきます。

 

というのは、

政府系金融商品にまつわるところからの情報で、

先物などのファンドをその取扱者が、

購入者に対して商品を提示する際にルールがあります。

 

1.3つ以上の商品を提示する。

2.その3つの中には必ず1つ利潤が確実に見込まれものを含ませる

3.そして、購入者の方にはこの商品が良いですよいった情報提供はNG

 

まあ、くじ引きのようなものと考えてください。

 

かの有名な方の言葉に、

 

子供のころの貧しさや無知はそれは親のせい。

社会人としての失敗は、それはあなたのせいだ。

 

と、そのようなことを書籍にその方の座右銘のごとくに、

明記されておりました。

 

確かにその言葉はそのとおりで、

「自分の道は自分で切り開く」。

 

これは、ビジネスマンならば原則なので。

 

失敗はしてもいいのですよ。

それを糧に次からは、

そうならないように経験を積んだ分、

成長しているので。

 

いろいろな講和を動画配信で見ておりますが、

成功者の方は、失敗を繰り返し今があると、

いわれる方が傾向として多いです。

 

一応、私は勝ち組と某方々から過剰表をいただいていますが、

大きな目標としているものには、程遠いのが現実です。

 

まあ、地道にコツコツする。

そして、途中で放棄しないコト。

最後までやり抜いてみる。

 

ダメだったら、またやり直せばよいだけ。

 

昔のある有名な哲学者が、

「人は破滅しなければ、強くなれる。」と、

映画で見たのでそ通りだと思います。

 

そろそろ、不労所得のサイトの閲覧体験は、

卒業しようかな!!

 

本日も最後までお読みいただき、

誠にありがとうございます。

 

では、失礼いたします。